弦間歯科医院では健全な歯の育成に力を注いでいます。

小児歯科

私たちは歯と口の健やかな発育を願い、ご家族の方々と一緒にお子様のお口の健康管理をすすめていきたいと考えます。子供の歯は虫歯になりやすくお口の環境や生活習慣も虫歯におかされやすい条件を備えています。

しかし、積極的な予防処置や適切な治療・経過観察によって虫歯のない永久歯を育てることができます。子供の虫歯は進行が早く短期間でどんどん広がっていきます。そして痛みが出てからの治療は小さい子供ほど困難なものとなります。当院では少しでもそういった状態になるのを防ぐためにも予防治療に力を入れています。

小児歯科の予防について

小児歯科の目標はお子様の乳歯が健全な永久歯に生え変わるお手伝いをしていくことです。小児歯科では虫歯治療だけでなく、歯磨き指導や食事指導も行っております。乳歯が健全であるかということは、永久歯の歯列だけではなく、成長期の体の発育にまで大きく関わる問題です。近年ではシーラントやフッ素などの予防法が確立し、保護者様の歯科知識が向上したことで、小児歯科は「虫歯を治す」という意識から「虫歯を予防し、健康な歯を育てる」という意識に変わりつつあります。

フッ素塗布による虫歯予防

フッ素にはエナメル質の、歯を溶かす酸への抵抗力を強める働きがあります。歯の表面に塗ったり洗口することにより虫歯を予防する効果があります。小さなお子様にもこれから生えてくる大事な永久歯が健康的に成長するためのにお勧めの治療法といえます。

シーラント

奥歯は噛む面の溝が多く、歯ブラシも届きにくいので歯垢がたまって虫歯になりやすいのですが、その溝を虫歯になるなる前に一種のプラスチックで埋めるのが「シーラント」です。

シーラント材はフッ素を含んでいますので、徐々にフッ素が歯に取り込まれ歯自体を強くする作用もあります。乳歯にも永久歯にもできますが、特に生えてきたばかりの幼若永久歯(特に6歳臼歯)に効果的です。溝の底の部分だけを埋めるので、噛みあわせには全く影響ありません。シーラント処置は健康保険が適用されます。お気軽にお問い合わせください。